ライフスタイル

今、IT業界未経験でも大丈夫!取るべき資格のおすすめ一覧と勉強法

itを駆使するイメージ

近年、私たちの生活や企業の活動にも、AI(人工知能)やロボットといったデジタル技術がなくてはならない時代になってきました。そうした時代背景の中、IT企業はもちろんのこと、それ以外の企業でも「IT知識を一定以上備えた人材」が求められています。

事実、企業の求人をチェックしても新卒採用枠や中途採用でもITに関わる資格や、経験を持っている人材の需要が高まっていますよね。

しかし、IT資格を取得したいけど種類が多くてどれを取得すれば良いかわからない方も多いでしょう。人によっては、取得すべきIT資格のおすすめといったものは変わってきます。

そこで今日は、学生なのか社会人なのかといった、立場の違いなどを考慮した転職に役立つ資格はどれなのか、取得すべきIT資格のおすすめについてお伝えします。

IT業界の現状

IT業界のイメージ

まずはそもそものIT業界の現状をお話しておきましょう。

IT業界は「情報サービス業」に分類されており、2015年度の売上高は17兆2,683億円という発表が総務省から出されています。IT業界の売上高は年々右肩上がり。確かに、近年はクラウドサービスやビッグデータの運用など、今後成長が期待できるコンテンツが多いですよね。

ですが、右肩上がりの業界であるゆえに一つの問題が発生しています。それは、圧倒的な人材不足です。

IT業界における「2020年問題」と比喩されており、人材不足の原因は、IT市場そのものの成長が著しく、仕事が増えているといったポジティブな要因と、IT技術の変化の速さについていける人材が少ないといったネガティヴな要因が存在しています。

しかし、ここまで挙げた問題は主に日本のIT業界におけるものです。

世界に焦点を向けると、インドや中国のIT業界は急速に成長を遂げており、南インドにある都市バンガロールはインドのシリコンバレーと呼ばれるほど。この成長の背景には、インドで排出される理工学部系大学の卒業生が多いことが挙げられます。

ですので、我が国日本でも学生時代からITへの知識を備えたり、社会人でも最低限のIT知識を理解することが求められているのです。

ITに関する知識を持つ人材が少ないのが、IT業界だけでなく日本全体の問題になっているのはお分かりいただけたでしょうか。

IT系の資格を取っておくメリット

資格を取得するイメージ

このことから、人材不足が顕著なIT業界では、IT資格を持っている大学生の需要が高まっています。

採用する企業は、新入社員にいち早く戦力になってほしいと願うものです。ですからIT研修をしていく上で、もともとIT資格を持っている学生が多ければ、効率よく研修を進めることが可能ですし、新しい知識を吸収する速度が速ければ戦力になるまでの時間が短縮されますよね。
こうした背景を踏まえると、これから就職活動を控える大学生にはIT資格の取得がおすすめできます。IT資格を持っていることで、IT業界への就職が僅かでも有利になるのは間違い無いでしょう。

そして、転職を考えている社会人の方にもIT資格の取得はおすすめです。

先ほどお伝えしたように、IT企業以外でも、ITスキルを持った人材が求められています。転職を考えている方はぜひ、後でお伝えするIT資格のおすすめを参考にしてみてください。

IT系でなくても、取っておきたい資格とは

ITを使うイメージ

先ほどお伝えした通り、これからの社会では、業界や職種に限らず必要最低限のITスキルが必要とされています。そこで今度は、IT系の企業に勤めていない方や文系の学生でも取得すべきIT資格のおすすめをご紹介しましょう。

ITパスポート(国家資格)

ITパスポートは一度は聞いたことがある方も多いですよね。

このITパスポートは情報処理技術者試験のうち、最も簡単なエントリーレベルのIT資格でおすすめ。ITエンジニアだけでなく幅広い層にITに関する基本的な知識が求められるということで、平成21年度4月に新設されました。

エントリーレベルということで、これまでITについて学習したことがない人でも比較的に取得することが可能です。合格率も大体6割程度。

ITパスポートは新卒でIT企業に入ろうと考えている人はぜひ、取得してみるべきIT資格でしょう。おすすめです。

マイクロソフト認定試験(ベンダー資格)

次にオススメしたい資格はマイクロソフト認定試験です。

このマイクロソフト認定試験(通称 MOS)は、マイクロソフトのWord・Excelのスキルを証明するための資格。今では様々な業界の企業でWord・Excelは使用されていますよね。マイクロソフト認定試験はスペシャリストレベルとエキスパートレベルの二種類が用意されており、Wordでいうと、日常業務でよく持ちいう文字フォントの変更や文書の印刷、編集機能を理解できているかを認定する試験がスペシャリストレベルです。

スタイル機能や外部アプリケーションからデータ取り込みなど、Wordの高度な機能を理解できているかを認定するのがエキスパートレベルとなります。

IT系の業界を目指すなら、この資格をねらえ!

パソコンのイメージ

先ほどお伝えしたIT資格のおすすめは、あくまでエントリーレベルのもので、実際に企業の選考で大きく影響が出るとは限りません。

私は本当にITスキルを持っていると証明するのであれば、最低でも「基本情報技術者」の資格を持っていると良いでしょう。

ITパスポートより一歩踏み込んだ内容で、合格率も3~4割程度という難易度。IT業界に転職したい、方には非常におすすめです。

さらにIT系でスキルアップを狙うあなたにおすすめの資格

ITのイメージ

これまで、IT業界へ転職・就職したい方へのIT資格のおすすめをお伝えしてきました。

しかし、すでにIT業、または近い業界で働いている方へは「応用情報技術者」や「システムアーキテクト」といった、より専門的な知識を求められるIT資格がおすすめです。システムエンジニアとして働きたい方には、自分の力を示す指標になります。

IT系の資格を取るのにおすすめの講座

講座を受けるイメージ

これまでITに触れたことがなく、独学ではしんどいといった方も多いですよね。そこで活用して欲しいのがユーキャンのITパスポート講座です。

ユーキャンのITパスポート講座は、4ヶ月の学習期間で毎日質問が可能で、模擬試験や課題を受けることができます。ぜひ講座も活用してみてください。

ユーキャンITパスポート講座

IT系の資格を取るのにおすすめの書籍

書籍のイメージ

それでは最後にIT系の資格を取るためにおすすめの書籍をご紹介しましょう。独学で勉強をして資格を取りたい方はぜひ参考にしてみてください。

キタミ式イラストIT塾(ITパスポート)

キタミ式イラストIT塾は、できる限り文字を減らし、可愛いイラストで解説されているITパスポートの書籍です。内容は全16章に分かれており、1日1章、着実に進めていくだけで一週間で学習を終えることもできます。

基本情報技術者のテキストもありますので、ぜひ手にとってみてください。

 

ITを使って働くイメージ

今日はここまで、IT資格のおすすめについてお伝えしてきました。まとめると

  • これからの社会では、IT資格は持っておいて損はない
  • 文理や経験の差に応じて取得できる資格がたくさんある
  • IT初心者はまず、ITパスポートを取得してみよう
  • 国会資格だけでなく、ベンダー資格もとても豊富!
  • これらからITの資格は国家資格やベンダー資格の種類が豊富だということが確認できましたよね。

これからの社会、ITスキルを所持していることを証明できる資格を持っていて損はありません。就職活動や、日々働く中で文理問わず、最低限のIT知識が求められる場面がとても多いです。

ですから闇雲に受験するのではなく、自分にあったおすすめのIT資格を見つけて、ぜひ取得を考えてみてください。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました