DX(デジタルトランスフォーメーション)

一般には知られざる生産管理とは!その重要性について3分で解説

管理のイメージ

今ではものづくりの現場において、部品調達や在庫の管理などは当たり前の作業になりましたよね。しかし、ただ現場判断でやみくもに突き進んだとしても効率的な管理を行うことは難しいでしょう。

それでは、どうすればよいのかといえば生産管理を行うのがベストの選択だといえます。

ちなみにこの生産管理とは、生産に関わる単純な在庫管理だけでなく、需要予測などを行うことで適切な生産を行っていくこと。

そこで今回は、そんな一般には知られざる生産管理とはなんであるのか、その重要性や生産管理において発生しがちな課題などや、生産管理を効率化する生産管理システムのメリットや生産管理システムを導入する基準などをお話します。

ぜひ、ものづくりの現場で行われている生産管理を理解し、興味があればさらに学びを深めたり取り入れてみてください。

生産管理とは、どんなことをするのか

生産管理のイメージ

それでは生産管理とはどんなものか、具体的にお話しましょう。

製造業などのものづくりの現場では必要な部品の調達から、それにかかわる人員の配備などを計画立てて運用していくのが基本ですよね。ですが、その際にはただ製品を製造することだけを考えれば良いわけではありません。

なぜなら、製造の際には納期までの期間も考えなくてはなりません。そしてその期間内でしっかりとした品質を保つ必要があります。もちろん、利益が取れるように原価や市場における需要を把握していく必要も。
つまり、単純にものを製造するだけでなく製造前の準備から出荷までの工程をしっかりと管理しなくてはならないのです。

そのため、企業は効率的な生産を行うための方法として生産管理を行います。具体的に生産管理とはどんな作業を行っているのかといえば以下のような作業です。

  1. 需要予測
  2. 生産計画
  3. 生産実施
  4. 生産統制
まず1の需要予測ではマーケティングなどを行って製造する製品が利益に見合うものか、顧客を満足させられるものであるのかを検討していきます。
次に、生産を行うことを決定したのなら2の生産計画を建てていきます。こちら具体的にはその製品を作るにあたって必要な部品の調達計画や、どれくらいの量をどの時期に生産するなどの工程計画などを検討。

ちなみにこの生産計画は4つの作業の中で最も重要な作業であり、利益だけでなく製造の効率にも影響する作業です。

そして、この生産計画によって3の生産実施を現場で行っていきます。こちらに関しては生産作業を効率的に予定された計画に従いながら、不良品の確認などの品質管理も並行して行っていくのです。
最後に、トータルのマネジメントとして4の生産統制を行っていきます。生産統制とは現場での製造が計画通りに進んでいるのかを確認しながら進捗管理を行っていき、在庫管理などの必要な作業を併せてやっていきます。

以上が生産管理で行われている作業。

ものづくりの現場ではこの生産管理を行うことで生産を効率的に行って、市場に商品などを提供しているのです。みえない部分ですのでわかりにくいかもしれませんが、企業はこれらの作業を計画的に行ってものづくりをしています。

これで生産管理とは何であるのか理解できたでしょう。それでは次は、この生産管理とはどのように重要であるのかをわかりやすく説明していきます。

生産管理は重要!その理由とは

ポイントのイメージ

生産管理とは上で説明したような4つの作業を行っていくものでした。それでは、なぜこの生産管理がものづくりにおいて重要なものになったのかをご説明しましょう。

実はこの生産管理とは以下の3点を最適化して生産を行っていくものです。

  • 品質(quality)
  • 原価(cost)
  • 納期または数量(delivery, due date)

おわかりのようにこの3点は製造において大きな要素。トレードオフ(どれかの比重が大きくなるとほかの比重が減ってしまうような関係)になっています。

例えば、品質を求めすぎれば原価は高くなり、納期が守れなくなることがあり得ますよね。また、需要を上回る数量を生産したり、必要以上の部品調達を行えばそれらはいらない在庫になってしまいます。そうなればそれは結果として企業の利益を損なうことにつながってしまうでしょう。

ですから、この3点を最適化して生産を行っていく生産管理を行うことが、ものづくりによって売り上げや利益を上げるためには重要になってきます。

以上をまとめていくと、生産管理とはものづくりを行う企業にとっては品質と原価、納期または数量の3点を最適化することで売り上げや利益を上げるための方法です。

ただし、この生産管理とは決して万能のものではありません。やはり生産管理を行っている過程では問題が発生することもあります。

それではそんな生産管理において発生しがちな課題がどんなものなのか説明していきましょう。

生産管理において発生しがちな課題

在庫のイメージ

生産管理とはものづくりを行う企業では利益を上げる方法として行われていますが、実際に行ってみると以下のような課題もみえてきます。

手作業での入力によるミスの発生

まず、生産管理を行っていくと手作業での入力によるミスが起こります。

これは表計算ソフトで管理などを行う際に部品名を打ち間違ったり、数量を誤って入力してしまうことで発生。こちらに関してはそれを訂正するためにチェックを行う必要が出てきてしまうので、生産管理を行う前と比べると負担が増してしまいます。

部門間のやり取りが可視化されないことで余計なやり取りが増える

次に、生産管理を行う際に部門間の可視化を行っていないと、現場からの余計なやり取りが増えてしまうことも。

これは発注の状況が現場に共有されていないことで起こることで、現場としても必要な部品が届くのかわからないため問い合わせが増えてしまうという問題です。しかもこの問題は仕様の変更がなされた場合には、さらに増えることもあるため何らかのシステム的な対策が求められるでしょう。

以上が生産管理において発生しがちな課題です。

この他にも新しく生産管理を始めた場合には、コミュニケーション不足による問題なども起こりえるでしょう。そのため、現在では生産管理はより効率化を図れる「生産管理システム」で行っている企業が多いですよね。

それではそんな生産管理を効率化する生産管理システムについて説明していきましょう。

生産管理を効率化する「生産管理システム」とは

パソコンのイメージ

まず、生産管理とは利益を上げられる一方で課題もあります。ですので場合によっては生産管理をせっかく行ったにも関わらず、利益や効率が上がらないことも。

それでは、どうすればよいのかといえば「生産管理システム」を導入するという手です。ちなみにこの生産管理システムとは生産管理を一元管理して行うシステムのこと。

このような生産管理システムは、日本のものづくりを牽引するトヨタ自動車など広く製造業で利用されています。

話を戻しますが、上で説明した課題では、表計算ソフトや可視化ができないことが原因で問題が起こりました。ですが、この生産管理システムであれば部門ごとでの同じシステムを使うので入力ミスを少なくしたり、発注の確認などを部門間で共有しながら行えます。そのため生産管理システムを利用しない場合に比べて効率化が図れるでしょう。

なお、生産管理システムの導入には今いったようことだけでなく以下のようなことなどをシステムで管理可能。

  • 生産管理
  • 販売管理
  • 在庫管理
  • 品質管理

ですから人力で行うよりも生産管理システムを利用した方が全体としてより効率化を行えます。ただし、この生産管理システムには良い面だけでなく悪い面もあるのです。

生産管理システムのメリット・デメリット

メリットデメリットのイメージ

まずは、生産管理システムのメリットについて説明していきましょう。

在庫管理を効率化できる

上でも説明したようにやはり生産管理システムを導入すると在庫管理をシステムで行えるので、余剰在庫を抱えることがなくなります。これによって無駄な出費を抑えるだけでなく、在庫不足を防ぐことが可能です。

品質を向上させられる

また、生産管理システムでは不良率を管理できるので、これによる品質の向上が期待できます。こちらはどの工程で不良品が発生しているのかを確認できるので、具体的な対策を打ち出せるでしょう。

利益率を向上できる

さらに、原価管理も生産管理システムでは行えるので製造コストを把握していくことで利益率を向上も可能。ちなみにこちらは原価の把握によって製造した製品の適正価格を見積もることにも繋がります。

以上が生産管理システムのメリットについて。それでは今度は生産管理システムのデメリットを説明していきましょう。

導入時やランニングでのコストがかかる

実は生産管理システムの導入には相応の費用が掛かります。もちろん、こちらは性能にもよるのですが安いものでは数百万、高いものでは億を超える金額になることも。しかもランニングコストもかかってくるので、効率化によって利益が増えなければコストをペイできません。

現場などでのコンセンサスが得られていないと効率化ができない

そして、導入においては現場などでのコンセンサスを得ておく必要があります。

こちらに関してはやっておかないと生産管理システムを上手く使いこなせないので、結果として期待したような効率化ができないことも。なお、同じものづくりの企業であっても導入する生産管理システムによっては、その企業に適さないこともあるでしょう。

以上が生産管理システムのメリットデメリット。これらは事前にしっかりと話し合いを行っておく必要があるでしょう。

このように、生産管理システムにはメリットとデメリットがあるのでそれを理解した上で導入を考えてください。

生産管理システムを導入する稼働の基準とは

生産管理のイメージ

生産管理とは何であるのかを理解し、より効率的な生産管理システムを導入する場合には考えなくてはいけないことがあります。それが生産管理システムを導入する稼働の基準のことです。

実際、生産管理システムを導入する際にはそれまでの生産効率を把握した上でそれ以上の効率を目指していくのですが、の際に理想的な数字を達成するには稼働の基準を正しく理解しておくべきでしょう。

こちらに関しては企業によって環境が異なるので一概にはいえませんが、以下の点に留意してください。

適切な業績評価指数(KPI)を定める

まず、適切な業績評価指数(KPI)を定めましょう。

ちなみにこの業績評価指数(KPI)とは設定した目標を達成できたかどうかを判断するための指標です。
業績評価指数(KPI)は企業によって指標とすべきものが異なっているので、何をもって指標とするのかをよく検討しなくてはなりません。ですから、生産管理システムを導入する際にはあらかじめ社内で検討しておくか、業績評価指数を検討してくれるシステムを選択していくとよいでしょう。

生産管理システムの内部要因を把握して現場環境を改善する

次に、生産管理システムを導入する前にはあらかじめ内部要因を把握しておいてください。ちなみにこちらは以下のようなものが当てはまります。

  • 設備や工具といった生産能力情報
  • 製造や調達に掛かるリードタイム
  • 部品表
  • 使用期限などの品質情報
上はあくまでの内部要因の一部ですが、生産管理システムはこれらによって発揮される能力が変わってきます。したがって、導入前にはあらかじめリサーチを行い、問題があれば現場の改善を行っていきましょう。

以上が生産管理システムを導入する稼働の基準についてです。

 

企業のイメージ

今回は、生産管理についてお話しました。これで生産管理とは何であるのかわかりましたよね。それでは最後に、この生産管理とは何であるのかを理解した人にさらにお伝えしたいことをお話します。

実は生産管理システムはそれ単体で導入することも可能ですが、ERP「Enterprise Resource Planning」でも導入可能です。

このERPとは日本語で「統合基幹業務システム」と呼ぶ基幹系のシステム。具体的には企業における経理や人事といった業務から、生産管理システムで扱うような製造や在庫管理を支えてくれるシステムです。

ものづくりにおいて生産管理の重要性についてはこれまでの説明してきましたが、ものづくりを経営という観点からみていくこともまた重要です。そのため、このERPというシステムを導入して経営について目を向けながら、ERPに内蔵された生産管理システムを利用していくことも検討してみましょう。

もちろん、ERPでの生産管理システムの導入であっても企業によって向き不向きがあります。ですので、どれがみなさんにとってベストな選択であるのかよく考えてください。

そうすればきっと生産効率を向上できる生産管理システムがさらに理解でき、自身の仕事に役立てることができます。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました