AI受付はもはや必須!そのメリットとサービス比較4選

受付のイメージ

AI(人工知能)が会社の受付をしてくれたらすごいですよね。今日本では、労働人口の減少が続く中、どこの会社でも人材不足が大きな問題となっています。労働力が不足しているところだと、限られた人員で多くの業務を抱えなければなりません。

従来は企業の担当者が自分の席で内線電話を受けたり、訪問客を案内しなければならず、他の仕事を抱えながら対応する社員にとって、とても面倒で大変でした。また、そのために受付担当の社員を雇うとそれだけコストがかかります。

そんな中AI(人工知能)は受付の分野で社員の負担を減らす救世主になるでしょう。

それではこれからAI(人工知能)が受付にするとどんなメリットがあるのか、また今どんなサービスがでているのかを詳しくお話します。

AI(人工知能)受付にするメリット

受付のイメージ

まず一つ目のメリットとしては、コスト削減です。

AIの受付サービスの中でも有名なさくらさんの場合で計算すると、

月額38万円から導入できるので、たとえば24時間休みもなく働いてもらって時給510円です。
驚きですよね。

コスト削減もそうですが、

毎日稼働してもらうことができる、そしてそれが問題にならないところが大きな利点になります。

今の時代働くということに対してとてもシビアになっていますから、経営者や管理職の方たちは、働かせ過ぎていないかなど気を使う場面が多くあるでしょう。そういった面でもAI(人工知能)受付を使うメリットがありそうです。また教育コストもかかりません。

二つ目は多言語対応です。

近年グローバル化に伴い外国人のお客様は増えています。企業の受付、商業施設やキャンペーンの案内、ホテルなどにも外国語が必要になってきています。

しかし全ての企業に、英語やその他外国語に対応できる人が配属されているわけではありません。また語学力は人それぞれです。その点でも、AI(人工知能)受付は、語学力が統一されているので、安心です。

それでは次に、AIの受付サービスについて具体的にご紹介しましょう。

おすすめアプリのご紹介

AIを使うイメージ

AIさくらさん

AIさくらさんはイオンモールなどの大手企業から官公庁まで幅広い業界で導入されています。医療や介護アパレルなどの様々なジャンルで活用できます。

個別対応が必要な方には、さくらさんが自動応答している途中で有人オペレータに対応を引き継ぐことができます。
なんと
SNSとも連携していて数万人を同時に対応することも可能です。
同時にです。すごくないですか。

場所に応じてアニメキャラクターの切り替えも可能です。
アニメ好きのマニア層と企業の受付は来るお客様も違ってくるのでこの切り替え機能はニーズがありそうですよね。

AI導入実績は業界No.1。導入後の手厚いサポートも人気の理由でしょう。

月額38万円から利用でき、対応言語は、日本語、英語、中国語、韓国語です。

AIさくらさん

共栄アイ(AI)

共栄アイ(AI)は、

面会したい人の名前を伝えると電話を取り次いでくれ、
AIに事前に(人工知能)に顔を登録すれば、顔認証で訪問者を認識します。
受付業務以外の天気の話題などにも答えてくれるとか。
本当の人みたいに接客していて、挨拶も自然に行えるのです。

価格は900万円(税別)から。年間のメンテナンス費用などが別途で70万円ほど掛かります。日本語、英語、中国語、韓国語に対応。

協栄産業株式会社

AI受付ガール アイコ

コグラフ株式会社のスマートスピーカー(Google HomeやAmazo Echo)を利用した受付アプリ。

スマートスピーカーが会社の受付で応対を行い、担当者にチャットツールや音声で通知を行います。

AI(人工知能)受付が来訪者の情報の管理も簡単に行うことができ便利ですよね。

スマートスピーカーは、Google Home、Google Home mini、Amazon Echo、Amazon Echo Plus、Amazon Echo Dotに対応。

1~10名規模の企業では月額1,980円(税込)から。それ以上の場合は月額300円/人(税込)です。日本語と英語の二カ国語対応。

AI受付ガール アイコ

Smart at reception

Smart at receptionはトヨタなど大手企業が導入しています。

招待側が会議室などを事前予約すると、QRコードか受付番号が発行。
訪問者は受付時にAIに(人工知能)にQRコードを読み取らせるだけで受付が完了します。
Papperと連携も可能。

月額20,000円から。無償プランもあります。言語が日本語対応のみなのでこれからに期待でしょう。

Smart at reception

 

商談のイメージ

AIが受付(人工知能)をするといっても、様々な特徴がありますよね。筆者はこんなに種類があることを知って驚きました。そして、使われる施設、分野もこんなにも多いということを知り、これからの未来が楽しみです。

AI(人工知能)に仕事を奪われるとよく話題になっていますがどうなのでしょう。本当にそうなるのでしょうか。AIは人間を助けてくれるのではないでしょうか。

今ある仕事は変わっていきますが、より楽しいクリエイティブな仕事ができるのかと想像するとワクワクしてくるでしょう。

仕事を取られると恐怖に感じている方がいるのなら、今の仕事をどう変えたら自分にしかできないことになるのかを考えてみるのも面白いかもしれません。

ABOUT THE AUTHOR

この記事をかいた人 /

そねあす
AIZINE編集部のそねあすです。記事の編集を担当しています!

もともとデザインやHTML、CSSと仲良くしていたつもりがあれよあれよと編集の世界に。AI(人工知能)は作れないけど興味深々なんでまずはSiriを使いこなしてみようと模索中です。

編集初心者が、自動運転やAI家電、AI(人工知能)を使った未来まで 日々変化していくAI(人工知能)のニュースをお届けします!