AI(人工知能)ニュース

人工知能が従業員不足を救う!あなたを苦しめる長時間労働から解放

仕事に嘆く人のイメージ

従業員が減れば労働時間が増えるという労働の負の連鎖を、人工知能(AI)が断ち切ってくれると聞けば、是非とも耳をそばだててみたいですよね。巷では少子高齢化対策が話題になり、特に地方では人手不足が嘆かれています。

そして従業員が減れば、残っている社員の仕事が増えるのは至極当然でしょう。やる気がある若者でも、こんな現状を知れば未来に希望を持てないはずです。

でも、大丈夫。実は今、人事部の仕事に人工知能(AI)が導入されて長時間労働から解放する新しい取り組みが模索されています。

今日はそうした人工知能(AI)時代の新しい労働の在り方についてお話ししましょう。まずは人工知能(AI)による労働管理の特徴について紹介した後、その具体的な成果について説明します。

人工知能(AI)による労働管理

労働管理のイメージ

これまでの労働管理はどのように、労働を社員へ振り当てられていたのでしょう。

あの人ならこれぐらいはできるだろう

この仕事にはこれくらいかかるでしょう

などと経験や勘で判断されてきたことが大半です。

こうした予測は熟練した指導者がいて、かつ決まったメンバー内の管理では効果を発揮しました。けれども人口減で従業員不足が避けられない昨今、限られた従業員同士で、それもまだよく知らない人手も頼らざるをえない状況では、経験や勘はあまりあてになりません。

そんな時に、こうした労働問題を解決してくれるのが人工知能(AI)です。

この人工知能(AI)は従業員それぞれの勤務状況、社内試験の成績、キャリア、給与データに関して過去の大量のデータを読み込みます。

そして、従業員一人一人の仕事の仕方や得意分野などを分析。もちろん、こうした特徴はこれまでの経験や勘でも分からないことはありません。

けれども人工知能(AI)は、私たちが見逃しがちなデータにも注目し、私たちが計算できる許容量を超えた範囲での個々人の体系的なデータを提示します。

そうすると或る人事が疑問に思えても、その労働管理が根拠が明らかであれば弁明も反論も出来るので、労働管理がより公正になるのです。

仕事の適材適所を人工知能(AI)が分析する

適材適所のイメージ

さて、こうした人工知能(AI)による労働管理についてお話しましたが、具体的にはどのように長時間労働からの解放へと繋がるのでしょうか。

幾つかの事例をご紹介する前に、まずは適材適所の労働管理が可能になる点についてお話いたします。

皆さんは、これまでどのように仕事を振り当てられてきたのでしょうか。各々に得意なことがあるでしょう。

そうした得意分野や取り組みたい仕事内容は自己申告で申し出てても、それに携われるかどうかは不確かですよね。
習うより慣れろといいますが、不得手なことは実際に慣れるまで時間がかかりますし、この仕事はあの人の方が得意じゃないのかなと思うことはしばしば。

でも、仕事が長時間になってしまう原因は、こんな小さなところにあるのです。

そして、今でさえこんな状況であるのに、今後、さらに従業員が足りなくなってきたらどうなることやらと、不安になってしまいますよね。

そんな時、こうした問題を解決してくれるのが人工知能(AI)による労働管理なのです。

先程お話ししたように、この人工知能(AI)は一人一人の社員のデータを分析し、私たち以上にその社員の得意なことを分かっています。

つまり、人工知能(AI)はどの社員がどのような状況であれば、これぐらいの成果を達成できるであろうと予測が出来てしまうのです。

それだけ個々の従業員の特性が分かるのですから、適材適所の原則に従って、一人一人の得意な仕事を、その人が遂行し易いように振り当てることができます。

これは当たり前のようでいて実際には、人事部の好みや社内の利害関係などがあり、中々実現し難いことでした。それに対して人工知能(AI)による労働振り当ては、純粋に理論的裏付けによって遂行されます。

その結果、

社員が振り当てられる仕事は、自分が得意とするものになり、これまでイヤイヤしていた気分もなく、課題に集中できるでしょう。するとその社員はこれまでよりも短期間で、仕事を完遂することが出来るのです。

その他にも一人でする仕事だけではなく、グループを組んで取り組む仕事も同様に適材適所の原則による仕事の分配で、合理化することができるでしょう。

つまり、過去の大量のデータから人工知能(AI)がどの社員とどの社員の組み合わせが効率的に機能するのかという点を分析します。その結果に基づいて社員の配置を試みればよいのです。人と人の相性ってありますし、人工知能(AI)はそんな人の輪を繋げてくれて、より効率よく仕事をする機会を与えてくれるでしょう。

このように、どうしたら長時間労働から解放されるのかと検討しれみれば、仕事を無くしてしまうという解決策は直ぐに思い浮かぶでしょう。でも人工知能(AI)を活用してみれば、適材適所に仕事を振り当てることで長時間労働からの解放が達成されることが分かります。

中途採用・新卒採用の合理化

面接のイメージ

ところで、労働で思わぬ時間を取られてしまう他の例に、中途採用・新卒採用による社員の教育が挙げられます。これから新しく社内で働く人材に、仕事の過程などを説明することは必要な作業ですよね。

けれども社内の仕事が、そうした新しい人材の希望や適性に合致せず、結果として慣れるまでに思いの外、時間をかけてしまうことも多いです。

しかし、人工知能(AI)による労働管理はこうした問題をも解決。

何故かと言うと、既に人事部には人工知能(AI)を用いた社員のデータ解析の結果が蓄積されているからです。

言い換えると人工知能(AI)のお蔭で、社内の仕事それぞれの特徴や、また人材不足の領域、更にこれからビジネスを拡大していきたい分野などが明瞭になっています。

そうすると採用の段階で考慮すればいいことは、そうした社内データに採用応募者が合致するかどうかという点になるでしょう。

つまり人工知能のおかげでこの人は即戦力になるかどうかが容易に判断できるようになり、その人が採用されれば、特に時間をかけずとも仕事の過程に直ぐに参入することが出来るのです。

世間では従業員不足と言われている中で、適切な人材を採用することは大切な課題でしょう。人工知能(AI)でそうした人材を獲得できれば、継続的な仕事の仕方もより効率的になり、長時間労働から解放されそうですよね。

またこの人工知能(AI)による中途採用・新卒採用の合理化は副産物をもたらします。それは人事部の採用にかける時間が減り、その結果、新卒者に対して手厚いケアをすることが出来るようになるから。

こうして優秀になった適正人材が労働環境に入ってくるとすれば、私たちの仕事が順調になること間違いありません。

 

楽しい労働のイメージ

今回は人工知能(AI)による労働管理の特徴と、その具体例についてお話しいたしました。人工知能(AI)は社員一人一人の大量のデータを分析し、その得意分野やモチベーションアップの要因などを割り出します。

こうした客観的なデータに従えば、

社内の労働は適材適所に振り当てることができるでしょう。するとこれまでイヤイヤ行っていた仕事はなくなり、得意な分野に集中できるので、労働に長時間をかけずに済むようになります。
またその社内データに基づいて、新卒者も適正人材を選ぶことが出来るようになるのですから、新人教育などに不必要な時間をかけず、即戦力を期待することが出来ます。

少子高齢化や地方の人手不足が嘆かれる昨今、何も対策をしなければ、現在の人材が大量の仕事を抱え込んでしまうことは避けられません。

皆さんもそんな未来、イヤですよね。人工知能(AI)を用いて長時間労働を避け、少数精鋭の未来の働き方を目指していきましょう。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました