AI(人工知能)ニュース

お勧めAIセミナー無料版!今後の社会では人工知能の知識が優位に!

セミナーのイメージ

今後の社会の要となる技術であるAI(人工知能)について勉強するのに、無料のセミナーが開催されていると知ったら驚きますよね。勿論、有料のセミナーも数多くありますが、無料のセミナーも少なくないのです。

すると疑問に思ったりしませんか、そのセミナーは無料だけど本当に質の高いものなのって。私たちは知識を習得するのに相応の対価が必要であると知っていますから、そう疑問に思うのも無理はありません。

けれども実は、企業や機関、大学などでAI(人工知能)を学習することが出来る質の高い無料セミナーが幾つも設けられています。つまりお金をかけずに、AI(人工知能)の技術に触れることは難しくないのです。

もちろんAI(人工知能)を習得する方法はセミナー以外にもあります。そこで本日はAI(人工知能)を学ぶためにセミナーを活用する利点についてお話しした後に、具体的にお勧めの無料AI(人工知能)セミナーを幾つかご紹介しましょう。

無料セミナーを活用する利点

一人で勉強しているイメージ

さあ、これからAI(人工知能)を学習するぞと思い立ったら、皆さんはどのような方法を選ぶでしょうか。簡単なところからいくと、インターネットで検索して、簡易なサイトから必要な知識を得ようとするかもしれません。

けれども皆さんはそこで気づくはずです、

AI(人工知能)はそんなに簡単に理解できるものではないと。

それはそうですよね。そんなに簡単に習得できるなら、次世代の技術として重宝されないものです。

そうすると次にAI(人工知能)を学ぶために取る手段は書籍でしょう。

書店には沢山の、AI(人工知能)関連の書籍が揃えられています。それは一見すると、AI(人工知能)習得に必要な準備が備わっているように見えるでしょう。

しかしAI(人工知能)関連の書籍を読み進める時に、自分では解決できない問題にぶつかれば誰に質問すればいいでしょうか。たとえ自分で熟考し、自ら解決を導けたとしても、それには時間がかかること。

更にAI(人工知能)を扱う多くの書籍は、専門的な内容になればなるほど、数式やコンピュータ言語の羅列が記されています。読み進められるうちはいいでしょう。でも少し躓いてしまえば、なかなか再開するのも億劫になりますよね。

そこでAI(人工知能)を学ぶために重宝されるのがセミナーでの学習なのです。

大抵のセミナーには講師が出席し、参加者の疑問や難点などを共に考え、答えへと導いてくれます。

またセミナーは一人で受けることは稀であり、普通は他の参加者もいるでしょう。その場で彼らは、AI(人工知能)を理解したいという同じ志を持つ仲間です。彼らと共に励まし合いながらAI(人工知能)を学習していけば、いざ自分がスランプに落ちた時でも、慰め合って心の余裕ができるかもしれません。

このように、セミナーでAI(人工知能)を学ぶことは、こんなに良いこと尽くしなのです。まだまだ社会に浸透し切っていない、新しい技術であるAI(人工知能)を学習するのに最適の方法の一つといえるでしょう。

そんなAI(人工知能)関連のセミナーには、なんと無料で受講できるセミナーも存在するのです。

これまでAI(人工知能)関連の書籍にお金を払ってきた人たちは信じられないかもしれません。そこで今度はお勧めのAI(人工知能)セミナーの無料版をご紹介いたしましょう。

AI(人工知能)に関する入門編「人工知能仕事はじめ」

AI基本のイメージ

まずは、AI(人工知能)に関する入門編の無料セミナーについてご紹介しましょう。それは株式会社クレスコが主催する「人工知能仕事はじめ」です。

「人工知能仕事はじめ」は、AI(人工知能)をビジネスでどのように活用するか悩んでいる企業の担当者向けの無料セミナーです。

AI(人工知能)が話題になっていますが、基礎が分からなければ、自分たちの事業での活かし方に悩みますよね。

そこでAI(人工知能)の基本的な知識に始まり、AI(人工知能)で何が出来るのか、AI(人工知能)は何が得意なのかなどを学んでいきます。その際にAI(人工知能)とディープラーニングや機械学習との違いについてもお話しがあるので、知見が深まるでしょう。

それからAI(人工知能)を使用したビジネスの具体的な例についても紹介があります。これでしたら企業の担当者の方も安心ですよね。AI(人工知能)の活用方法を知れば、自分の企業に関する多くのヒントがあるでしょう。

そして「人工知能仕事はじめ」というセミナーに参加するには、プログラミングに関する知識は必要ではありません。ですからエンジニアに限らず、経営や経理に関する方など様々な部門の担当者が参加することが出来るのです。

更に講師陣には株式会社クレスコから、法人や企業の業務課題にAI(人工知能)を適用することの専門家が招かれています。その方たちの説明だからこそ説得力があり、AI(人工知能)を導入することのキッカケを作ってくれること間違いありません。

株式会社クレスコのセミナーは定期的に開催しています。気になった方は一度開催情報をチェックしてみましょう。

株式会社クレスコ セミナー・研修

ビジネスに活用できる「NSSOL Tech Talk」

AIサービスのイメージ

次に新日鉄ソリューションズ株式会社が主催するNSSOL Tech Talkという無料セミナーについてご紹介いたしましょう。

NSSOL Tech Talkとは、新日鉄ソリューションズが開発したAI(人工知能)関連の知識を共有するイベントです。そこで新日鉄ソリューションズが実際にどのようにAI(人工知能)をビジネスに活用しているのかを学ぶことができます。

AI開発プラットフォームをテーマにする第一回は終わってしまいましたが、第二回のテーマは、Jリーグ・マッチングスケジュラー「日程くん」のお話をされます。

皆さんもご存じのようにAI(人工知能)は、膨大な選択肢の中から制約条件を踏まえて最適な解を自動的に導いてくれます。こうした技術は様々な産業で活用されていますが、なんと私たちに馴染みの深いあのJリーグでも利用されているのです。

Jリーグは年間1000試合あると言われていますが、考えてみてください、どのようにその組み合わせを決めているのでしょうか。実は対戦カードを組み合わせる作業は、多くの条件や公平性を考えねばならず、膨大な選択肢の中から見つけ出さねばなりません。

そこで登場するのが、Jリーグ・マッチングスケジューラー「日程くん」です。「日程くん」はAI(人工知能)の処理能力を使って、対戦カードの最適化を図ります。

例えば考えてみてください。ホームとアウェーでしたら、ホームの方のチームが有利になりますよね。そこで全チームを公平に扱うため、ホームとアウェーの分量を調整しなければなりません。

またスタジアムの経営上の理由で、対戦カードを采配する必要があることもあります。例えば平日と休日でしたら、休日の方が観客の動員数も多いでしょう。またスタジアムはサッカーとは別のイベントで埋まっている場合もあります。

こうした様々な条件を考慮して「日程くん」は最適な対戦カードを選んでいきます。どうなっているのって興味が出てきますよね。NSSOL Tech Talkの第二回は、「日程くん」の開発に携わった担当者から、その仕組みや試行錯誤を、それも無料で聞くことが出来るのです。

もちろん内容が専門的なことですから、このAI関連の無料セミナーの大方が済んだ後には質疑応答の時間も設けられていますし、更にその後に懇親会も開催されますので、最新のAI関連の知見を得た上に、共に学ぶ同士や主催者たちと交流できるなんて一石二鳥ですよね。

今回は第二回の内容について触れましたが、これ以外のAI(人工知能)についてもセミナーで聞くことができるようです。NSSOL Tech Talkも定期的にチェックしてみましょう。

新日鉄住金ソリューションズ株式会社 techplay

 

セミナーのイメージ

本日はAI(人工知能)を学習する上で無料セミナーを活用する利点についてお話しした後に、具体的にお勧めのAI(人工知能)セミナー無料版を紹介いたしました。

セミナーでAI(人工知能)を学習する利点は、適任の講師が存在し、効率的に理科できるように導いてもらえる点にあります。

またAI(人工知能)関連の無料セミナーには、同じ目的を持つ他の参加者も存在することから、継続的な学びを容易にするでしょう。

こうしたAI(人工知能)関連の無料セミナーの例として、まず「人工知能仕事はじめ」を紹介いたしました。このセミナーは自社にAI(人工知能)を導入することを検討している企業向けに開催され、AI(人工知能)の基礎や応用例を学ぶことができます。

また決して初心者向けではありませんが、新日鉄ソリューションズ株式会社がNSSOL Tech Talkというセミナーを無料で開催し、Jリーグの対戦カード作成におけるAI(人工知能)活用の方法などを学ぶ機会を与えてくれています。

ここまで読まれた皆様は、初歩から応用まで幅広い範囲でAIセミナーが、それも無料で開催されていることに驚かれたのではないでしょうか。

今やこうした最先端の技術について、参加者は講師と共に学び、一緒に課題を共有してその技術を向上させていく時代を迎えているのです。

初めからAIを勉強したい、又はもっとAIを知りたいと思っている方がいたら、すぐに身近に開催されているAIの無料セミナーを探してみてください。そしてAIについて少しでも深く理解し、次世代の社会の先端を一緒に歩きましょう。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました