AIの人材不足で争奪戦が勃発!求められる人物像を徹底分析!

オフィスのイメージ

最近各メディアで耳にするAI (人工知能)ですが、これに関する業務を行う人材は「AI人材」と呼ばれています。

そして今日、「AI(人工知能)人材不足」はどの企業でも起こっており、その人材獲得に奔走しています。これは世界中で同じことが起こっていて、なんと80万人のAI (人工知能)人材が不足していると言われています。

「人材育成タスクフォース」や「第4次産業革命人材育成推進会議」では優秀な人材を確保する方針が議論されているほど。そこで本記事では、AI (人工知能)人材不足の現状において本当に求められる人物像について徹底的に分析するので、その詳細を見ていきましょう。では早速その中身をお伝えします。

現在求められるAI (人工知能)人材の需給

エンジニアのイメージ

現在の産業界における需要は約1万5000人とされていましてAI (人工知能)人材不足が深刻なことが分かりますよね。

これに対して

AI(人工知能)人材の大学院修士課程修了者は年間約2800人、博士課程修了者は約460人
となっていまして、企業の需要に応えるには5年ほど時間を要することになると言えます。

目まぐるしく発展するAI (人工知能)に対して5年という月日は非常に長いと言えるでしょう。現状のままでは日本は特にAI (人工知能)人材不足という深刻な問題によって最先端の技術から遅れてしまう可能性があるかもしれません。

では一体、情報系人材に求められる能力とは何なんでしょうか。

情報系人材に必要な能力としては

「AI(人工知能)技術の問題解決」
「AI(人工知能)技術の具現化」
「AI(人工知能)技術の活用」
の三つが主に挙げられます。

一つ一つ具体的に見ていきましょう。

AI(人工知能)技術の問題解決

数学のイメージ

AI(人工知能)技術に対する問題解決能力とは、

「AI(人工知能)に関する様々な知識や価値ある問題を見付け、それを定式化し、解決の道筋を示す能力」のことを指しています。

具体的に、知識はAI(人工知能)に関する先導的知識とその基盤知識に分けられるものです。

AI(人工知能)に関する様々な先導的知識としては、知能情報学(機械学習、自然言語処理)や知覚情報学(コンピュータービジョン、音声情報処理)、そして知能ロボティクスなどが挙げられるでしょう。
AI(人工知能)技術の基盤として、推論、探索、知識表現、オントロジー、エージェントや認知科学、脳科学、感性・心理 など多岐にわたる知識が必要とされているようです。

こういった知識を元に問題を発見し、汎用的能力によってその問題そのものを問題として成り立たせ、解決の道筋を見出すことこそが「AI(人工知能)技術に対する問題解決能力」とされているようなんですよね。

こういった能力は特に大学などのアカデミックな環境で養われるようで、研究者の方が持ち合わせているとされています。AI(人工知能)人材不足で一番深刻なのはこの問題解決能力のようなんです。

AI(人工知能)技術の具現化

技術の具現化のイメージ

AI(人工知能)技術の具現化とは、

コンピュータサイエンスの知識(アルゴリズムやデータ構造、データベース、アーキテクチャ、ネットワーク、IoTなど)とプログラミング技術を用いて実際にシステムなどを生み出す能力のことを指しています。

これは非常に分かりやすいです。大学院修士を修了した方なら基本的に持ち合わせているとされています。

AI(人工知能)技術の活用

技術を活用するイメージ

AI(人工知能)技術の活用とは、

具体的な社会課題に適用する能力のことを言います。具体的には、基本的なAI(人工知能)技術の知識以外に、ドメイン知識やターゲット知識が必要とされるでしょう。

これらの知識とは解析しようとしている業界や事業についての知識や知見であったり、トレンドなどの情報のことを言います。例えば、ものづくりやモビリティ、健康・医療、介護、インフラ、農業、サイエンス、防災・防犯などの業界に対する最新の情報のことでイメージがしやすいですよね。

AI(人工知能)とは直接的に関係ないため情報収集が大変で、BtoB企業のシステムエンジニアの方がよく取り組んでいるとされています。

AI(人工知能)人材不足の現状において、ただAI(人工知能)を学んだことのあるエンジニアをAI(人工知能)人材と呼ぶのではありませんでした。情報系人材に求められる能力は大きく三種類に分類されます。

結局のところ、AI (人工知能)人材不足に対して企業の争奪戦が起こる中で求められる人物とは、

エンジニアの枠を超えて技術的問題の発掘及び定式化
をし、
AI (人工知能)で何ができるかを理解
した上で、かつ
AI(人工知能)を用いた社会的課題解決の実現まで構想できる
人材のことでしょう。

 

オフィスのイメージ

いかがでしたか。AI (人工知能)人材不足の現状において本当に求められる人物像とはAI (人工知能)技術の問題解決、具現化、活用の三要素が揃った人材のことでした。

これらの要素を有している人材は、従来の与えられるエンジニアとしての仕事をこなすだけでなく、AI (人工知能)の技術的問題の見出し、またAI (人工知能)で何ができるかを理解した上で、社会的課題解決の実現まで行うことができるため、企業から求められるということが分かるでしょう。

さらに、この三つの技術や知識を有しているAI (人工知能)人材不足が世界で起こっていて、特に日本ではその需要がしばらくは続きそうでした。こういった現状に対して大学での学生に対する教育だけでなく、最近では社会人の学びなおしもあるようなので、気軽にAI(人工知能)人材を目指すことができる環境が整ってきていると言えるでしょう。

その際、上述の三要素を意識して世の中から求められるAI(人工知能)の人材に成長することで、AI(人工知能)人材不足の解消に繋がっていくといいですよね。

ABOUT THE AUTHOR

この記事をかいた人 /

そねあす
AIZINE編集部のそねあすです。記事の編集を担当しています!

もともとデザインやHTML、CSSと仲良くしていたつもりがあれよあれよと編集の世界に。AI(人工知能)は作れないけど興味深々なんでまずはSiriを使いこなしてみようと模索中です。

編集初心者が、自動運転やAI家電、AI(人工知能)を使った未来まで 日々変化していくAI(人工知能)のニュースをお届けします!