AIツールで経営改善!中小企業でも取り入れやすいツール4選

快適に仕事をするイメージ

第三次AI(人工知能)ブームと昨年度からマスコミで大きく取り上げられ、2020年の東京オリンピックでAI(人工知能)を利用したツールで来場者の識別を行うことがニュースになりました。

このようにAI(人工知能)ツールは想像上のものや、作成不可能な構想だけのものではなく作成可能なものとなり、そして、AI(人工知能)ツールは様々なものが在りますが、AI(人工知能)を使って経営改革を考えておられる中小企業経営者もたくさんいらっしゃいますよね。

AI(人工知能)ツールは

簡単に取り入れられるものから取り入れるには多くのデータと時間を費やしてさらに取り入れた後も効果を出すため機能改善が必要なものまで様々。
IT設備の投資は選択を誤ると多くの時間と労力を使い無駄な費用を発生させることになります。その為に、選択に必要な情報の収集が必要になるでしょう。

この記事では、中小企業でも取り入れやすいデジタルマーケティングツール、チャットボット、画像解析、RPAというAI(人工知能)ツールに関してAI(人工知能)ツールの紹介と実際に取り入れるとどのような効果が期待できるかを説明します。

AI(人工知能)ツールの導入時に情報として利用しましょう。

デジタルマーケティングツールで効率的に顧客情報を得よう

マーケティングのイメージ

デジタルマーケティングという最近新しくできたキーワードですが、ある程度の規模を持った企業であれば自社のホームページを持つことは当たり前の時代でしょう。

しかし、

ホームページをどのような人が見て、商談にどの程度役立っているか、現在のホームページを商談に役立てる為にはどのようにするか
ということまでは、なかなか手が出せていないでしょう。このようなことを行うのがデジタルマーケティングです。

専門の業者へ委託してアドバイスをもらうのが一般的と思われますが、AI(人工知能)を使った解析ツールが開発されています。

このツールは企業のホームページにアクセスして来た人が

どのような人、年齢や性別、ホームページのどの部分を見たか、ホームページを開いていた時間はどの程度であったか等のデータ
から
企業の商品やサービスを多く利用するのはどのような人ということを分析。

このAI(人工知能)ツールを導入することでサービスや商品の改善の為に必要となる顧客の情報を得られる効果があります。つまりターゲットとする顧客が明確になることで商品やサービスの戦略を立てやすくなるということでしょう。

電話応対をチャットボットで

チャットボットのイメージ

AI(人工知能)ツールというとすぐに思いつくツールがやはりチャットボット。人に代わってAI(人工知能)が簡単な会話を行うというものです。

AI(人工知能)が簡単な会話を行うものはAIスピーカで既に体験している人が多いのでどのようなものかは想像するのは簡単でしょう。

このAI(人工知能)ツールを使うメリット

電話の応対の一部をチャットボットが行うことで電話の取次ぎをスムーズに行うこと
や、
簡単な内容はチャットボットで回答する
ことで、無駄な電話の応対で仕事を中断させることを無くすことで業務の効率化を期待できます。

顔認証や不良品の検品に画像解析

画像解析で検品のイメージ

次に紹介する画像解析は、冒頭でも紹介した顔認証の応用で実現されているAI(人工知能)ツール。

AI(人工知能)ツールによる本人確認や不良品の検品システムというのは話題になることが多くありますが、導入するには時間と労力がかかるツールでしょう。その理由は顔認証も不良品の検品も解析の対象としているものが個別であるため、改めてAI(人工知能)に画像を覚えさせるために何千枚という多くの画像データが必要になります。

単純に画像を認識させるだけならば数百枚でも画像認識は可能ですが、

顔も不良品の検品も認識の対象が解析のタイミング毎に代わってしまう為に非常に多くの画像データが必要でしょう。

一方、

商品の入荷検品で画像解析を利用するのは対象となる画像が一定になるので用意する画像データは数百枚で済みますよね。
この画像解析を行うことで、複数の商品を一度に検品できることになり、入荷作業の業務効率化が期待できるでしょう。

ルーチンワークをRPAで効率化

パソコンのイメージ

次に紹介するRPAに関してRPAと言って何であるかわからないですよね。

RPAとは、RoboticsProcessAutomationの略で、日々の業務において定型的に行っているパソコンの操作をロボットに肩代わりしてもらおうというもの。

このRPAはこれまで紹介したツールと少しことなり、AI(人工知能)は人が実際に行った操作を覚えてAI(人工知能)がロボットを操作するというところで少し異なっています。

しかし、毎日同じような操作を行っている人は非常に多いでしょうこのRPAを導入するメリット

同じ操作はロボットが肩代わりすることによる業務の効率化することです。

 

導入検討をするイメージ

経営改善に役立つと考えられるAI(人工知能)ツールを「デジタルマーケティング」。「チャットボット」、「画像解析」、「RPA」と4つ紹介しました。

どのツールも業務効率化に役立つツールです。中小企業がこういったツールを導入の効果を測定することが難しいことからなかなか進まないことが多いでしょう。

しかし、日本の人口は今後減少する傾向にあります。このことを考えると画期的に業務を効率化できるツールを導入することを考えなければならない現状になっています。ここで紹介したAI(人工知能)ツールはまさにその為に有効に使えるツールでしょう。

又、こういったツールは情報を正確に仕入れて正しく使用しないと無駄な投資になってしまうかもしれません。無駄な投資にならないようにここで紹介した情報を有効活用して経営改善を実施してみましょう。

ABOUT THE AUTHOR

この記事をかいた人 /

そねあす
AIZINE編集部のそねあすです。記事の編集を担当しています!

もともとデザインやHTML、CSSと仲良くしていたつもりがあれよあれよと編集の世界に。AI(人工知能)は作れないけど興味深々なんでまずはSiriを使いこなしてみようと模索中です。

編集初心者が、自動運転やAI家電、AI(人工知能)を使った未来まで 日々変化していくAI(人工知能)のニュースをお届けします!