人工知能(AI)と仕事をする最先端なビジネス現場とは

人工知能を仕事で使う職場のイメージ

人工知能(AI)の活躍が最も具体的な効果を発揮するのがビジネスの分野ですよね。様々な産業での多くの業務における仕事の進め方にとそのあり方に人工知能(AI)は大きな変革を促します。その可能性は仕事というものの考え方を変えてしまうものになるでしょう。

ビジネスの世界に人工知能(AI)がもたらす変化は、単に新しい機械がオフィスに設置されるというものではありません。人工知能(AI)のもつ分析能力は、データ処理というレベルを超えて仕事のプロセスを変革し、人間がこれまで考えてもいなかった形で仕事の内容を見直すことが可能になるでしょう。

多くの企業で人工知能(AI)をビジネスの現場に導入する動きが進められ、目覚しい成果が得られています。今回はそんな、実際のビジネスの現場で、人と一緒に仕事をする人工知能(AI)の姿を見てみましょう。

人の仕事を人工知能(AI)が強力にサポート

ホームセンターのイメージ

従来、企業活動における機械化は製造工程でのオートメーションが中心で、オフィスにおける機械化は事務のOA化が中心でした。営業やマーケティング、マネジメントといった仕事の現場ではコンピュータライズの効果は測定しがたい。ビジネスへの人工知能(AI)の導入はこの常識を覆します。

あるホームセンターが店舗の業績改善計画策定に人工知能(AI)を活用しました。

店舗の経営管理情報のPOSデータ分析を行ったところ、人工知能(AI)が導いた仮説は「従業員の配置と顧客単価の関係」。店舗内のある地点に従業員が立っていると顧客一人当たりの売上単価が上がる、
というのです。このホームセンターは、実際にその仮説にしたがって店舗計画を変えたところ、顧客単価は15%上昇しました。

従業員が一人立っていることで店舗の売上が上がる。このような形での業務データと実績の関連付けは、通常の業務分析からは導かれません。この店舗の場合の人工知能(AI)による業務改善は、仕事のやり方に関して通常使われないデータを分析資料にできたことが鍵です。そして、あまり合理性の感じられない人工知能(AI)の提言を実施した経営者のリーダーシップがその効果を結果につなげたのでしょう。

人工知能(AI)ジャーナリストを使うイメージ

クリエイティブな場面でも、人工知能(AI)は人と一緒に仕事をする新しい関係を作り出しています。

アメリカの有力紙 Washington Post の人工知能(AI) Heliograf(ヘリオグラフ)。一年間で850の記事を自動作成する、人工知能(AI)ジャーナリストです。

このAIは議会の進行やハイスクールのフットボールに関する記事を書き、同社のブログに掲載。イベントの進行に対してリアルタイムで分析を繰り返して記事の元になるデータを生成し、文章の形に。AIが作成した記事を人がチェックしてリリースします。

この自動記事作成(Automated Journalism)は他のスポーツや金融記事の作成にも役立つでしょう。人工知能(AI)が記事を準備することで人間の記者はデータの確認などの煩雑な作業に煩わされることなく、記事を「生きたもの」にする仕事に集中できますよね。

Autodesk社の人工知能(AI)、Dreamcatcher(ドリームキャッチャー)

デザイナーは新しい椅子のデザインを考えるに当たってまず、この人工知能(AI)に必要な機能の情報を入力。耐用荷重150キロ、座面の高さ45センチ、材質の指定、コストは7500円以下….。Dreamcatcher はこの基準を元に、登録されている全ての情報を使ってこの希望に合う1000を超える椅子を生成。
デザイナーはこの出力をベースにして自分のイメージを練り上げ、高いデザインレベルの椅子に到達できます。

人と人工知能(AI)が作り出す新しい仕事のやり方

新しい仕事のイメージ

機械的な生産プロセスに人工知能(AI)を導入して、従来の工程のオートメーションを進めることで生産性を改善することはできます。しかし、その効果は短期的で効果は限定的。一方、人間の持つソフトな能力を人工知能(AI)がサポートすることで得られるものは、これとは全く違う新しい仕事です。

この効果を最大にするために必要なことは、人と人工知能(AI)のお互いの協調。人は人の得意とする、人にしかできないことに力を注ぎ、人工知能(AI)は機械の特長を発揮して両者で仕事のアウトプットを高めること。人と人工知能(AI)が協力し合うことで、仕事は新しい価値を生み出します。

人とに人工知能(AI)の協力体制をうまく機能させるためには、従来の仕事のやり方そのものを再設計する必要があります。人工知能(AI)の存在を考慮して、仕事の手順と目的、それをサポートするテクノロジーを書き換える。想像するものは、いままでとは違った、奥行きのある仕事のやり方です。

人工知能(AI)だけで主導する業務改善を考えると、ビジネスへの効果は限定的で、仕事の内容を形式的なものにしてしまいます。将来に見えている大きな成長の機会を取り入れるために重要なのは、人と人工知能(AI)の強力な相互関係。両者のアライアンスを実現するビジョンでしょう。

人工知能を使いこなして仕事で楽をするイメージ

業務を進めるにつれて自ら選別してデータの処理方法を変えていく、ビジネス人工知能(AI)。人がこの自己変革的データ主導型プロセスを使い、役立てるためには、これまでと違った「仕事」のあり方が求められます。

人工知能(AI)はデータをリアルタイムで処理します。導き出された「予測」は現在をデータにして書いた一つの仮説に過ぎません。その内容を読み取り、機会を捉えて、迅速にその場で実行することは人の仕事です。

人は人工知能(AI)に対して、何を改善し、変えていくのかという問いかけを常に投げかけていきます。人工知能(AI)が評価できない重要なもの。例えば、安全で、公正な社会を。そして、人工知能(AI)の仮説の中身をどうやって検証するのか。

もう一つ、人にとって一番大切な仕事があります。どうやって人と人工知能(AI)を協調させるのか。人と人工知能(AI)の双方の長所を最大限に生かすためには、仕事のプロセスをどう組み立てるべきでしょう。人は人工知能(AI)に対して、どう働きかけるか。人工知能(AI)は人に対して、どう協調するか。

人工知能(AI)は仕事と生産性という考え方そのものを変えていくでしょう。ビジネスの現場にやってくる人工知能(AI)は、あなたのオフィスのとなりの席で、あなたと一緒に仕事を進める新しい仲間です。いわば新しい同僚として、人と人工知能(AI)が一つの仕事を実行し、達成していく。

新しい、人と人工知能(AI)と仕事の関係はすでに始まっているのです。

ABOUT THE AUTHOR

この記事をかいた人 /

そねあす
AIZINE編集部のそねあすです。記事の編集を担当しています!

もともとデザインやHTML、CSSと仲良くしていたつもりがあれよあれよと編集の世界に。AI(人工知能)は作れないけど興味深々なんでまずはSiriを使いこなしてみようと模索中です。

編集初心者が、自動運転やAI家電、AI(人工知能)を使った未来まで 日々変化していくAI(人工知能)のニュースをお届けします!