AI(人工知能)ニュース

今更聞けないAIとIoTの違いと連携で生まれるITの未来とは

今更聞けないAIとIoTの違いと連携で生まれるITの未来とは

よく聞く機会が増えたAI(人工知能)やIoTという言葉。今更ながらAI(人工知能)やIoTの違いについてわからない……、という方も多いのではないでしょうか。

みんな知っているであろう用語を改めて聞くのは勇気がいりますよね。特に部下や後輩に説明しなければならない立場にある人には悩ましい問題です。

実はわかっているつもりでも、案外知らないという方もいらっしゃるはずです。最近はコンセンサスのようなカタカタ用語やAI(人工知能)やIoTなどアルファベットの用語も増えており、意味の理解についていけないのは当然であるかもしれません。

そこで、AI(人工知能)とIoTの違いを解説し、AI(人工知能)とIoTがどのように連携を取っているのか解説いたします。

AI(人工知能)とは
コンピュータが人間のような考え方をする技術である

ロボットのイメージ

ご存知かも知れませんが、AI(人工知能)とは「エーアイ」と読み、「Artificial Intelligence」の略です。

AI(人工知能)の歴史は実は古く、1950年代にジョン・マッカーシによって提唱された概念でなんです。特に2010年以降からの第3次AI(人工知能)ブームはみなさんもTVや新聞でよく耳にしてますよね。

AI(人工知能)は通常のロボットとは違い、人間が行なうような知的作業をコンピュータにやらせてみるソフトウェアなどを指していて、後述しますがソフトウェアに着目している点でAI(人工知能)とIoTに違いがあるかもしれません。

知的な作業とは人間の使う言語を理解したり、推論を行なったり、経験を元に学習するというもので、すこし曖昧に感じますが、正直なところ、具体的な定義が決まっているものではありません。

例えば、有名なAI(人工知能)と言えば、ソフトバンクのロボットの「Pepper」やマイクロソフトの「りんな」がありますよね。

どちらも人間とのコミュニケーションを通じて新たな対応や言葉を学習していきます。ただし「Pepper」は少し特殊で機械部分も重要ですので、AI(人工知能)とIoTとの違いが分かりにくく、むしろ両者の連携によって誕生した存在と言えるかもしれません。

他にも、より専門に特化した例としてはチェスや将棋、画像解析、医療診断の業界にもAI(人工知能)が登場してます。そして、こんな特化型AI(人工知能)をAGI(特化型人工知能]と呼びます。AGIには実用化されているものが多く、対してより汎用的に使えるAI(人工知能)をGAI(汎用人工知能)と呼び、様々な領域で多様な問題解決を図るAI(人工知能)で、こちらは開発が困難を極めているんです。

IoTとはモノとインターネットをつなげる技術である

Iotのイメージ

IoTとは「アイオーティー」と読みます。「Internet of Things」の略で「モノのインターネット」と訳されることが多く、訳の通り、モノがインターネットを介してつながる技術を意味しています。モノが中心となるという点でAI(人工知能)とIoTは違いがあるでしょう。

これまではインターネットについては主にパソコン同士をつなぐもので、他のモノと繋がることはありませんでした。そこで誕生したのが、IoTという手段で、テレビやカメラ、家電など、これまでつなげることの出来なかったモノをインターネットとつなげようという技術が生まれ、現在成長しております。

さて、IoTで何ができるかというと、主に次の3つが考えられるでしょう。

  • 1つ目はモノを操作するということです。例えば、寒い季節の中、家に付いたらすぐにでもお風呂に入りたいですよね。このようなときにIoTを使えば、スマートフォン一つで給湯ができ、帰宅後すぐにお風呂に浸かることができたりします。
  • 2つ目はモノの状態の確認です。ドアの開閉のチェックや、ガスの元栓を閉めたといった確認するアプリケーションをときどきコマーシャルで見ますよね。
  • 3つ目はモノがコミュニケーションを取り合うことができるということです。物流の世界で配送や倉庫の管理において活躍の場をもっていますが、あまり身近でない方もいらっしゃるかもしれません。間接的に私たちの生活を豊かにしていると言えるでしょう。

AI(人工知能)とIoTの連携で生活はもっと豊かになる!

Iotと生活のイメージ

これまでAI(人工知能)とIoTの違いについて説明してきましたが、復習するとAI(人工知能)は人間の脳のような働きをソフトウェアにさせることで、IoTはモノとインターネットをつなげることです。振り返ってみるとAI(人工知能)とIoTには大きな違いがありますよね。

ところで、AI(人工知能)とIoTの違いはわかりましたが、連携によって何が起こるのでしょうか。

例えばAI(人工知能)を搭載したロボットの活躍の幅がより大きく広がることで、AI(人工知能)により様々なパターンを学習、成長して新たな技術を増やしていくかもしれません。

それだけでなく、IoTにより単独のロボットでは難しかった機能を複数で強調・連携し、できることの幅を広げることができます。結果として、AI(人工知能)で収集した情報を活かしつつ、様々なロボットが連携しながら企業や自治体の提供するサービスが向上すると言えるでしょう。

AI(人工知能)とIoTの違いをそれぞれ活かしつつ、技術発展することにより良い未来が待っているかもしれません。

 

さて、今回は人間の知的活動を模してソフトウェアにさせてみる技術であるAI(人工知能)と、電化製品など今までインターネットと結びつかなかったモノをつなげる技術であるIoTの違い、そして連携について解説しました。

このように整理して比べてみるとAI(人工知能)とIoTは大きく違いのある技術だと感じることでしょう。また、意外と身近にある技術なんだなと実感されたかもしれません。

今後、両者の連携によってロボットが連携を取りながら自己学習していったり、物流の管理が容易になったりするなど、私たちの生活が豊かになっていくに違いありません。今回学んだ知識を元に、AI(人工知能)とIoTの今後の動向を気にしながら生活してみるのも楽しいかもしれませんよね!

参照元AIとは何?Weblio辞書
知らないと恥ずかしい「AI」の正しい読み方
【5分でわかる】人工知能(AI)とは?概要や種類をわかりやすく解説
IoTとは?|IoT:Internet of Things(モノのインターネット)の意味、読み方、事例 - モノワイヤレス
IoTとは?モノのインターネットの活用事例
【第2回】ロボットとIoT、AIの融合による、価値創出の方向性:株式会社日立システムズ

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました