家事が楽になる!IOTセンサー導入家電おすすめ4選

家事が楽になる!IOTセンサー導入家電おすすめ4選

家事の負担を少しでも減らしたいと考える人は多いですよね。私も仕事を終えて帰宅するとご飯を作らなきゃならない、または土日の午前中が掃除で潰れる・・・なんてこともしばしばあります。そんなときに自分の代わりに家事をやってくれる家電があればすごく楽ができるのではないでしょうか。

実は最近の家電にはIOTが使われつつあります。IOTが家電に使われているというイメージがない方にとっては驚きでですよね。

IOTのセンサーが導入された家電はいわゆる「スマート家電」と呼ばれています。代表例としては掃除機、冷蔵庫、洗濯機などがありますが、家具などをよけて自動で掃除してくれたり、冷蔵庫の中身を調べておすすめのレシピを提案してくれたり、洗剤の量を調節してくれるのです。特に共働きの夫婦や子育てに忙しい主婦の方にとっては、とても便利ですよね。

そこで今回は、「IOTセンサーが導入されたおすすめ家電」をご紹介いたします。少しでも家事を楽にしたい方は、ぜひご覧ください。

自動で掃除してくれる「ルンバ」

ルンバ

部屋の掃除機をかけるのがめんどくさい・・・という人は多いのではないでしょうか。確かに仕事で疲れているのはもちろん、休みの日は寝ていたいですよね。でも、「ルンバ」なら勝手に掃除してくれるのです!あの有名な「ルンバ」がIOTセンサーを導入している、と聞くと驚く人も多いのではないでしょうか。

実はルンバはIOTセンサーを搭載しており、センサーが対象物との距離を測定し、家具にぶつからないように動き回るのです。センサーは家の中の段差にも対応しているため、ルンバが段差から落ちて故障する、ということもありません。この他にも、ルンバ690シリーズでは外出先から清掃履歴・清掃時間の指定を行う機能があります。そのため、「この時間はお出かけしているから、その間に掃除しておいてね」という指示も出せます。

自動で動き回ることによって、ずぼらな人よりも隅々まできれいに掃除してくれる!ということがあるかもしれません。また、外出中で急に「このあと家行きたい!」という誘いがあっても、ルンバが家をきれいにしてくれる・・・ということもできますよね。

洗剤を自動調整する!「ヒートリサイクル風アイロンビッグドラム」

ヒートサイクル風アイロンビッグドラム

洗濯において、洗剤の量・種類を間違える・・・なんて失敗をしたことはありませんか。私も液体洗剤とおしゃれ着用の洗剤をたまに間違えることがあります。でも、日立の「ヒートリサイクル風アイロンビッグドラム」なら心配ご無用です。

「ヒートリサイクル風アイロンビッグドラム」に搭載されている「洗剤・汚れセンサーシステム」では、IOTセンサーが汚れの量を判断し、汚れ具合から自動で洗剤の量を判断します。また、もし汚れの量が多い場合は洗濯の時間を最大10分延長したり、すすぎで落ちやすい液体洗剤がセットされた場合はすすぎの回数を2回から1回に減らすという対応も洗濯機が判断してくれます。

今まで洗剤の量が足りなくて汚れが落ちなかった・・・ということも、洗濯機のIOTセンサーが判断してくれるので、洗濯物を入れるだけであとはお任せ、ということが普通になりますよね。

エアコンが自動で温度を調節してくれる!「エオリア」

エオリア

部屋の中でエアコンをつけていると、「自分は暑い」「いや自分は寒い」で揉めることはありますよね。また、エアコンをつけてもつけても涼しくならない・・・と感じたこともあるのではないでしょうか。私も昔から家族でこの揉め事が起きて、いつもエアコンの調整役をやっていました。でもそのような問題は、パナソニックのエアコンWXシリーズ「エオリア」で解決できるかもしれません。

「エオリア」はIOTを搭載しています。その機能の中に「ひと・ものセンサー」があり、人が不在のときは省エネで運転し、約3時間人がいない状態が続くと自動でエアコンの電源がオフになります。このため、万が一エアコンをつけっぱなしで外出しても、自動で消してくれるので安心ですね。

また、IOTのセンサーによって部屋の間取りや人のいる場所、木造や鉄筋、階数、窓の数、日差しの強弱など総合的に判断し運転します。このためエアコンの運転が最も効率的になるように自動で設定してくれるのです。

「部屋の場所によって暑い・寒いがある」ことや、オフィスでもよくあるエアコンの「人によって暑い・寒いと感じる差がある」ことも近いうちになくなるかもしれないですね。

冷蔵庫がおすすめレシピを教えてくれる!「COCORO KITCHEN」

COCORO KITCHEN

料理をする人にとって、「冷蔵庫の残りの食材は何があったっけ?」「今日の晩ごはん何にしよう?」という悩みの種はつきないですよね。私も冷蔵庫の在庫は何があったか把握しきれないし、レシピに迷うことがしょっちゅうあります。そんなとき、冷蔵庫がレシピや食材の残りを伝えてくれたらかなり便利に違いありません。

シャープの冷蔵庫「SJ-TF49C」には、「COCORO KITCHEN」という機能が搭載されています。IOTセンサーが冷蔵庫の中の状態を把握し、旬の情報を取得し、おすすめの食材情報を提供いたします。これで食材を無駄にせず料理できるでしょう。また、スマホやタブレットで買い物メモを作成できるだけでなく、食材の購入サイクルを把握し、冷蔵庫が購入時期をお知らせしてくれます。気が付かないうちにこれがなかった!ということが防げますね。

冷蔵庫に残っている食材や家にいながら献立を考える手間が省けるので、スムーズに料理をつくることができるので、「献立も冷蔵庫にお任せ!」ということができるようになるかもしれませんね。

キッチンのイメージ

以上、「家事が楽になりそうなIOTセンサー導入家電」をご紹介いたしました。

  • 自動で掃除してくれる掃除機
  • 洗剤を調整してくれる洗濯機
  • 部屋の温度の調節をしてくれるエアコン
  • おすすめの食材・レシピを提案してくれる冷蔵庫

など、掃除・洗濯・料理の負担を減らしてくれそうな家電がたくさん出ていることがわかりますよね。少しでも「家事ってめんどくさい・・・」と感じた方は、ぜひこれらの家電を利用し、時短で楽な家事を目指しましょう。いずれ家事をやるのはロボットだけになって、我々人間はのんびりと暮らすことができる・・・なんて未来もあるかもしれませんよね。

参照元 今、人気のおすすめIoT家電をご紹介!
冷蔵庫と会話できると生活はどう変わる? シャープの「IoT冷蔵庫」を取材してみた
SJ-TF49Cの特長
【家電大賞2017】今年一番の家電は何だ? ロボット掃除機部門にはIoT化の波が到来!
洗濯容量は業界最大、汚れ自動検知センサー搭載の日立「ビッグドラム」
ロボット掃除機 ルンバ | アイロボット公式サイト
18年度モデル WXシリーズ

ABOUT THE AUTHOR

この記事をかいた人 /

まえだまえだ
まえだまえだです!(※芸人とは関係ありません)
前は本・新聞を作っていましたが、今はWEBを作っています。

AI(人工知能)は本当に未知の領域なのですが、これから伸びる分野なので興味津々です。知らないなりにも、読んだ人にAI(人工知能)って面白そう!って思える記事を作りたいです。ちなみに最近気になるAI(人工知能)は、ジャズを作曲する「deepjazz」です。