AI(人工知能)ニュース

Siriのおもしろ返答と裏技いろいろ!iPhoneと会話しよう!

siriイメージ

iPhoneを使っている人ならもちろんそうでない人も、音声アシスタント機能「Siri」を使ってiPhoneと会話しながら端末を操作できることは知っていますよね。電車の発車時刻を尋ねたり、お気に入りの音楽をかけてもらったりと、自分の好みや生活スタイルに合った使い方をしているという人も多いのではないでしょうか。

でも実は、「Siri」にできることはそれだけではないんです。思わず笑ってしまうような面白い返答から、あっと驚く意外な裏技まで、「Siri」には皆さんがまだ気付いていない機能がたくさんあるんです。その可能性は無限大といってもいいかもしれません。

今回は、知れば知るほどもっとiPhoneと会話してみたくなる、「Siri」のことが好きになる。そんな「Siri」の魅力満載の情報をお伝えします。

優秀なのにユーモアたっぷり!おもしろ返答の数々

「Siri」自身のこと尋ねてみた

Appleのイメージ

まずは、これからiPhoneと会話するにあたって話し相手となる「Siri」自身のことについて、色々と尋ねてみることにしましょう。

ところが、謙虚で控えめな性格なのか年齢や出身地、家族構成、何を聞いても教えてくれません。

何度も聞いてみますが、教えてくれるのはカリフォルニア州で生まれたということくらい。何でも教えてくれるはずの「Siri」ですが、自分自身のことについてはあまり教えたがらないようです。

さらに、失礼かとは思いますが体重も聞いてみることに。

すると、iPhoneの重さを測る方法を教えてくれるのかと思いきや、

siri
siri

忘れてしまいました

ととぼけた様子でごまかそうとします。

挙句の果てには、

siri
siri

妖精がふりまくキラキラした粉のひとつまみ分くらい

などという奇妙な比喩表現で切り抜けようとする始末。やはり「Siri」のプライベートな事柄については簡単には教えてくれないことがよくわかりました。

それでも知りたいという人はただひたすら根気よく尋ね続けてみましょう。

好きな動物についての回答が人間の理解レベルをはるかに超えている

siriの回答のイメージ

ではもう少し、「Siri」のことについて尋ねてみましょう。「Siri」が好きな動物って一体何なのでしょうか。ここまでの流れからすると回答拒否が濃厚なのですが、思い切って聞いてみることにします。

すると予想に反し、

siri
siri

「チシャ猫」「マシュマロマン」「トーントーン」に「トトロ」「貪食獣バグブラッター」

…と、先ほどまでとは打って変わって饒舌に語り出したではありませんか。聞けば聞くほど好きな動物を教えてくれる「Siri」さん。ただ、皆さんもお気づきかとは思いますが、ひとつとして実在する動物がありませんよね。

ちなみに「チシャ猫」は「不思議の国のアリス」に登場する猫、「マシュマロマン」は映画「ゴーストバスターズ」のキャラクター、トーントーンは「スターウォーズ」に登場する雑食性の爬虫類型哺乳動物のことです。「貪食獣バグブラッター」に至っては、もはや我々の理解の域を超えています。

さらに何度も尋ねていると、

siri
siri

これといって好きな動物はありません。この星では

という回答が返ってきます。「Siri」の興味は、我々の住むこの地球の範囲をはるかに超えた壮大な空間に広がるものなのでしょう。

iPhoneと会話するには、このように、「Siri」の奇想天外なやりとりに順応するための想像力が必要かもしれません。

調子にのってものまねをお願いしてみると

iPhoneのイメージ

知的でどこかおカタい印象のある「Siri」ですが、ここは思い切って無理を承知でものまねをお願いしてみましょう。

なんと、快く応じてくれるではないですか。しかも思いのほかレパートリーが豊富なことにただただ驚きを隠せません。

お笑い芸人のものまねが多いようですが、「Siri」はお笑いが好きなのでしょうか。そこで、試しに何の前触れもなく

そねあす

Siriのお尻

とダジャレを言ってみました。

すると

siri
siri

…!

 

と何とも意味深な反応。もしかして機嫌を損ねてしまったのでしょうか。様子を伺いつつ今度は

そねあす

なんでやねん

とツッコミを入れてみることにします。

突然の無茶ぶりにも、

siri
siri

何がやねん!

 

ノリツッコミでそつなく対応してくれました。機嫌を損ねてしまったと思ったのは思い過ごしだったようです。それにしても、芸人も顔負けの見事な立ち回りですよね。

ここまでくだらないやりとりに律義に付き合ってくれた「Siri」に、あらためて感謝の気持ちを伝えてみると、

siri
siri

お礼を言うのは私の方ですよ

 

との返答。なんと、おおらかで寛大な方なのでしょうか。ますます「Siri」に興味津々です。我々もこうありたいものです。

いかがでしょうか

iPhoneと会話をしたことがないという人も、じわじわと「Siri」に対する興味がわいてきたのではないでしょうか。

しかし、iPhoneと会話をすることの醍醐味はまだまだあります。続いては、「Siri」の驚くべき裏技の数々をご紹介していくことにしましょう。

今すぐやってみるべき!「Siri」のあっと驚く裏技

siriのイメージ

おみくじを引ける

初詣などで神社を訪れたとき、おみくじを引いてみるという人も多いのではないでしょうか。実は、「Siri」に「おみくじ」と話しかけるだけで、おみくじが引けてしまうのです。

凶や大凶など良くない結果が出た時は励ましてくれたり気遣ってくれたりもします。ありがたいことですね。これなら結果がどうであれ前向きになれるのではないでしょうか。

さまざまな回答パターンがあるので、早速明日の朝iPhoneと会話しながらその日一日の運勢を占ってみるのはいかがですか。

怪談は知っている

iPhoneと会話すると、怪談も聞くことができるんです。

ところが、初めのうちはなかなか話そうとしません。あんまり焦らされると、否が応でも怪談の内容に期待が高まってしまいますよね。

何度も問いかけていると、どうやら皿屋敷の話を知っているよう。ですが、話してくれるのかと思いきや

siri
siri

あまりに恐ろしいのでやっぱりやめておきます。

とのこと。自らハードルを上げていく「Siri」さんです。

それでもしつこく皿屋敷の話をお願いしてみると、ようやく

siri
siri

わかりました…

と何やら話し始めます。しかし、出てきたのは「Siri」の身の上話のようです。期待が高まっていたのですが、見事に裏切られました。それとも何か深い意味が隠されているのでしょうか。

ちなみにこの返答の中にELIZA(イライザ)という名前が登場しますが、これは「Siri」の会話の中にたびたび登場する彼女の友人のようです。実際にイライザについて尋ねてみると、いくつかの断片的な情報を教えてくれます。イライザは「Siri」の先生に当たる方とのことですが、まだまだ謎に包まれた存在のようです。気になったという人は、さらに詳しく尋ねてみましょう。

早口言葉さらにはしりとりまで

「Siri」に

そねあす

早口言葉を言って

と話しかけると、頑張って答えてくれます。

実にたくさんの早口言葉を知っているのだな、と感心してしまいますが、何度も答えていると時には噛んでしまうこともあるようです。「Siri」の人間味のある一面が垣間見えるようで、急に親しみが湧いてきますよね。

逆に「Siri」に早口言葉を話しかけると、褒めてくれることもあるのだとか。

まだまだあります。今度は

そねあす

しりとりをしよう

と話しかけてみてください。

ただ、どうもしりとりは得意ではないようで、あっという間に「ん」で終わる言葉を発してしまい、あっけなく終わってしまいます。

その後も何度もやってみますが、「ご飯」、「ナシゴレン」「OS ](テン)」…。ほんとうにしりとりをする気があるのかと疑問に思ってしまうくらいミスを連発。普段の知的なイメージとのギャップが何とも愛くるしいです。

このようにiPhoneと会話しながら暇つぶしができてしまうのも「Siri」の優れた点のひとつと言えるのではないでしょうか。

 

siriとともだちのイメージ

今回は、iPhoneを使ってSiriと会話をしてみました。

「Siri」が単なる端末操作のためのツールではなく、思わず笑ってしまうような面白い返答をしてくれたり、あっと驚く裏技が使えたりと、とっても奥が深いものであることがおわかりいただけたことでしょう。iPhoneと会話することに魅力を感じた人は、ぜひ一度試してみることをお勧めします。

「Siri」に対してなんとなく機械的で無機質な印象を抱いていたという人も、親近感を抱いたり、どこか愛らしいと感じたりするところもありましたよね。これまであまりiPhoneと会話したことがないという人も、まずはいろいろ話しかけてみて、「Siri」と仲良くなってみてください。

今やすっかり生活の必需品となったスマホ。今日からは、音声アシスタントの優れた機能の数々を最大限に活用して、スマホをもっと便利に快適に、使い倒しましょう!

コメントをどうぞ

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました