AI(人工知能)ニュース

ロボットが一家に一台! AI(人工知能)×IoTの未来とは

家庭にロボットのイメージ

私たちが気付かないところでもますます普及しているAI(人工知能)やIoTを搭載したスマート家電。便利になったな、、、と感じたらAI(人工知能)やIoTのおかげだったりもします。

IoTはインターネットにつながった製品のことで、音声アシスタントを用いることで音声でのやり取りができる家電です。今の代表的なものはスマートスピーカーではないでしょうか。AmazonやGoogleがいち早く開発を始め、世界中で利用されています。日本でもLINEなどが開発に取り組んでいるところです。スマートスピーカーを介して繋がっている製品もスマート家電と言えるでしょう。

また、スマートスピーカーを介さずに直接インターネットに繋がっていて、音声アシスタントにより製品の方を見ずに操作ができる「ノールックAI(人工知能)家電」と呼ばれるものも最近はシャープやパナソニック、ソニーでも開発されています。

このようにAI(人工知能)やIoT搭載のロボット家電が一家に一台は使用されるのが当たり前になってきていますが、実際に私たちの生活はどのように変わっていくのでしょうか。それぞれのメーカーの目指しているところや現段階での性能を見ていきましょう。

Amazonの「Amazon Alexa」を使った取組み

AIスピーカーのイメージ

2015年アメリカでIoT搭載の「Amazon Echo」を発売し、日本でも2017年に発売されてから、進化を遂げ「Amazon Dot」や「Amazon Tap」も製品化され人気を呼んでいます。それらの頭脳となっているのが「Amazon Alexa」で「Amazon Echo」などを通して会話をする相手が「Amazon Alexa」。

Amazonネット通販の利用や天気・スポーツの速報、音楽配信などから家電の操作までいろいろなことが音声だけでできます。さらに、サードパーティと呼ばれる第三者の製品が対応可能となっていて、家電メーカーや自動車メーカーも、「Amazon Alexa」対応商品の開発を進めているので、利便性が向上し価値はさらに高まってきている現状です。サードパーティはAmazonでは「スキル」と呼んでいて、現在その数は既に3000を超えると公表されています。

この「スキル」が増えていくことで私たちの生活は、スマートスピーカーを通してAI(人工知能)やIoTを利用した便利な生活になっていくことでしょう。スマートスピーカーからIoTによってリアルタイムで集められた情報を蓄積し、その情報をAI(人工知能)が分析する。そしてIoTによって蓄積された情報がAI(人工知能)によって自動化されると、私たちの生活はますます便利になっていって喜ばしいことですよね。

例えば、アメリカでは大手家電メーカーのGEが「Geneva」と呼ばれるAlexa対応のシステム家電製品に取り組んでおり、

「Alexa、Genevaにコーヒー用のお茶を頼むよ。」と言えば冷蔵庫がお湯を用意してくれたり、
「Alexa、Genevaにオーブンの予熱を350℃にして。」と頼めばオーブンが自動で350℃の予熱をスタートしてくれたりします。
フィリップスのスマートLED電球「Hue」もAlexa対応で、
声をかけるだけで点灯と消灯が可能な他、目的に合わせた照明で空間を演出したり、タイマーで目覚めをサポートしてくれたりと「Hue」があると正に快適な生活空間に。

これと同様な取り組みをしているのがGoogleで、「Google Assistant」を搭載した「Google Home」も「Amazon Echo」と同じようなことができます。国内でも、ソニーやパナソニック、東芝、ドコモ、ソフトバンク、LINEなどの大手メーカーや通信事業者がAI(人工知能)搭載のスマートスピーカーに参戦し、その先に見据えているのは「コネクテッドホーム」。つまり、家中の家電製品と会話し自動的に住人の意志をくみ取って動くようにすること。

朝起きたら自動的にカーテンが開き、好みの音楽が鳴り、勝手にコーヒーができ、外出すると自動で鍵がかかり、照明や電化製品の電源が切れ、ロボット掃除機が動き出す、
というような生活です。

シャープの「ココロエンジン」とスマート家電

最新のキッチン家電のイメージ

日本で大手メーカーとして特に注目なのはシャープの取り組みです。シャープでは人に寄り添うことを目指し、「ココロエンジン」というAI(人工知能)を搭載したいろいろな家電製品を開発しています。

エアコンは

AI(人工知能)が各家庭や地域の使い方を学習し、快適で省エネな温度設定にしてくれたり、IoTによって天気予報を教えてくれたり、切り忘れを教えてくれたりという次世代エアコン。
「ヘルシオ」というオーブンは、
音声対話を通じて要望を言うと使うべき機能を教えてくれたり、食材から献立やレシピを教えてくれたりという機能も付いています。
液晶テレビの「AQUOS 4K」は、
AI(人工知能)が視聴者の好みを学習して好みそうなコンテンツを教えてくれたり、テレビの前に座るだけで電源が入ったりと、テレビの中にアシスタントがいるような心地よさ。

さらに、家中の家電をコントロールする「ホームアシスタントロボット」を開発中です。このIoTを搭載したロボットに対話するだけで全てのAI(人工知能)を搭載した家電に連携し、快適な生活空間を作り出してくれる日も近いかもしれません。

AIとIoT家電の部屋のイメージ

第四次産業革命ともいわれているモノとIoTによるインターネットとの繋がり、さらにそれをAI(人工知能)が制御し分析をする時代。大手メーカーなどの開発によりスマートスピーカーやスマート家電が作られ、リモコンは不要の時代となってきています。

IoTによるビッグデータの蓄積によって、AI(人工知能)による自動化は、様々なコスト削減だけでなく、労働力不足の解消も解決してくれるかもしれません。今はまだ一部の電化製品でしか利用されていないAI(人工知能)やIoTもいずれは全ての家電が搭載し、まるで家政婦がいるような生活が当たり前になっていくことをメーカーは目指しています。私たちの生活はさらに進化を遂げ、ますます便利で快適になっていくことでしょう。

参照元 いま注目の「ノールックAI家電」とは? ディープ・ラーニングからAmazon Alexaまで解説
スマート家電に“ココロ”をプラス シャープのAIoT戦略をひもとく

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました