AIの危険性を理解するために知ってほしい5つのこと

AIがもたらす日常生活の危険イメージ

最近では、日常生活においてAI(人工知能)を利用したサービスが広まっています。例えば、AI(人工知能)をつかったチャット機能もその1つで、私たちが言葉で指示するだけで、私たちになり代わって作業や仕事をしてくれることもあって、便利で役立つことが多くありますよね。

このように、AI(人工知能)が私たちの生活の中にどんどん浸透して来ていることは自明の事実ですが、AI(人工知能)が深く浸透していくことによって、人間としての尊厳を脅かす危険性も実は含んでいるのです。

AI(人工知能)によって、私たちの生活が便利になる一方で、その危険性を理解し、対象方法やAI(人工知能)との付き合い方を考えていかなければならないでしょう。

そこで、今回はAI(人工知能)の危険を理解するために知ってほしい5つのことについて、紹介をしましょう。

AI(人工知能)が人間の能力を超え人間の尊厳が低下する

AI(人工知能)とゲームをするイメージ

よく、AI(人工知能)と人間とゲームをするイベントが開催されています。例えば、将棋やチェスなどの頭脳的なゲームにおいて、人間とAI(人工知能)とが戦っている場面をご覧になったこともあるのではないでしょうか。

AI(人工知能)が誕生した直後は、このようなゲームにおいても人間が余裕で勝利をしていましたが、次第にAI(人工知能)が発達するにつれ、戦いのパターンといったデータが増えることにより、分析能力が向上してくることにより、ゲームの戦い時間も次第に長くなり、人間が勝負に苦戦する場面も多くなりました。最近では人間がAI(人工知能)に負けてしまう場面も増えてきています。

ゲームの世界としてはこれでも良いのかもしれませんが、はるかに人間の能力を超えてきている状況も否定できません。

このような状況になると、次第に人間の能力も頭打ちで限界となり、人間としての尊厳も低下する危険性が高くなるのです。

人間の尊厳が低下してAI(人工知能)がさらに力を発揮すると人間が堕落する

AI(人工知能)による手術のイメージ

AI(人工知能)が人間の能力を超え、人間がこれまで苦労してやってきたことがAI(人工知能)によっていとも簡単にやりのけてしまうことも時間の問題です。

例えば、AI(人工知能)を搭載したロボットが、病院での手術もこなしてしまうことあるかもしれません。
仮に、このような状況になると、医者は不要になり、また医者としての職業もなくなる可能性も否定できないでしょう。そして、仕事もなくなり、何もしなくなることが増え、結果として人間が堕落してしまうことになるでしょう。

やがて人間はAI(人工知能)を使いこなすための仕事を考え始める

AI(人工知能)と仕事イメージ

私たちの職業は、最終的にはAI(人工知能)を使いこなすことができる仕事へと変わっていくことになります。現在でも、AI(人工知能)を適切に動かすためにデータの精査や、人間の感情を含ませるような研究をしている企業もありますが、このような職業が社会生活においてメインの職業となることでしょう。

一瞬、このような職業が花形に見えますが、ここにもAIによる危険性が含まれています。それは、悪意を持った人間による、AI(人工知能)の操作によって発生する生活への危険です。

悪意を持った人間がAI(人工知能)を巧みに利用して私たちの生活を支配する

AI(人工知能)を利用するイメージ

AI(人工知能)によってもたらされる生活への危険とは一体どのようなことでしょうか。これは、悪意をもった人間によって、私たちの生活をAI(人工知能)によって支配されてしまうことです。AI(人工知能)は所詮、人間が作り出したものです。したがって、AI(人工知能)自体を悪用させてしまうことも可能です。

例えば、ウイルスのようなものを蔓延させたり、悪意を持った司令をAI(人工知能)に送信したとします。人を裁くこともAI(人工知能)がやるとすれば、罪を犯せば死刑にするという判断ばかり、さらに死刑執行もAI(人工知能)を搭載したロボットが実施するなど、私たちの生活を支配する形となり、社会的に大混乱を招くことも決して想像だけの問題でないかもしれません。

社会的混乱が人間関係を希薄にし、人間同士の共存生活ができなくなる

AIによって社会が混乱するイメージ

AI(人工知能)が生活に浸透し、人間も便利な生活ができるようになるなかでは、人間は全てAI(人工知能)に依存してしまい、本来の人間同士の共存生活もできなくなります。

例えば、結婚もAI(人工知能)を搭載したロボットとできるようになればどのようになるでしょうか。人間同士の共存生活もできず、人間関係が今よりもさらに希薄になる可能性もあるでしょうし、子孫も反映できず、やがては人類が滅亡の危機に陥るのです。

 

AI(人工知能)と共存するイメージ

これらのAI(人工知能)に関する危険性はあくまで推察の領域ではありますので、必ず起きるということも言えませんが、一部の学者においてはAI(人工知能)の過剰な開発と、生活への支配により人類滅亡の危機を示していることもあります。

例えば、イギリスの物理学者として著名なスティーブン・ホーキング博士がAI(人工知能)についての危険性を発表しています。

2014年にホーキング博士は、「我々人間が手にした初期のAI(人工知能)はとても有用であるが、現在の、完全な人工知能への開発は人類を滅亡させる可能性がある」と、イギリスのBBCのインタビューで発言していることもあり、注目されていますよね。

さらに、2016年にホーキング博士は自動車にAI(人工知能)を搭載した実験においても、その危険性を警告しています。AI(人工知能)の使い方やルール、また開発のゴールなどを社会的なルールとして定義しておけば問題ないのかもしれませんが、過剰なAI(人工知能)の開発と私たちの生活への浸透はいずれは影響のある状況に陥ることもあるでしょう。

今からでも遅くはありません。

AI(人工知能)との人間との住み分けを議論をし、ルールを決めることとによって私たちの生活は人類滅亡の危機から脱却し、AIと共存することによってさらに豊かな未来にしましょう。

ABOUT THE AUTHOR

この記事をかいた人 /

そねあす
AIZINE編集部のそねあすです。記事の編集を担当しています!

もともとデザインやHTML、CSSと仲良くしていたつもりがあれよあれよと編集の世界に。AI(人工知能)は作れないけど興味深々なんでまずはSiriを使いこなしてみようと模索中です。

編集初心者が、自動運転やAI家電、AI(人工知能)を使った未来まで 日々変化していくAI(人工知能)のニュースをお届けします!